アンダーハンドキャッチについて

GK

こんにちは!

前回の記事はどうでしたか?私も、なるべく分かりやすい用につくりましたが理解できたでしょうか?

 

今回は、前回の記事と似た技術を紹介していこうと思います!

オーバーハンドキャッチは、正面の上の方(胸ぐらいの位置!)でしたが、今回紹介する

技術は、アンダーハンドキャッチです!

 

この技術は、およそ胸より下の時に使う技術です!

 

よく試合で、下の方で転がってきたボールを腰を落としてキャッチしているキーパーを
見ると思いますが、そのイメージをもって頂ければわ大丈夫です!

この、技術はゴロシュートや、みぞおちでなどでキャッチする時につかいます!

それでは、重要なポイントについて説明していこうと思います!

  1. 胸より下の、みぞおちでキャッチする場合!

  2. 地面に転がって来たボールをキャッチする場合

ステップを使ってキャッチする場合!

この、3つに絞って紹介していこうと思います!

 

1 胸より下の、みぞおちでキャッチする場合!

それでは、まず初めに胸より下の、みぞおちでキャッチする場合について説明するわけですが、イメージして欲しいのはボールを自分に向れる事です!

オーバーハンドキャッチでは、自分の前でキャッチしていましたが、この技術では逆に

自分の中心である、お腹の中でボールを保持します!

 

この、イメージが出来ればオッケーです!さて、これからポイントについて押さえていこうと思います。

まずは、手の形を滑り台にするです、、!
え、、と思われた方がいると思います、滑り台って公園でよく見るあれだよなぁ〜!
そうです!あの、滑り台を手で作るのです。

滑り台は、上から下に滑る事ができる特性がありますよね!よく、小さい頃に滑ったのを思い出してみてください!

その、特性をこの技術に応用するのです。

この、応用は今紹介している技術でも、後から紹介する技術でも同じなので絶対に覚えていて欲しいポイントです!

ここまでで、あー、滑り台ねっとわかって頂けたなら、次に生まれる疑問があると思います。

それを、どう使うの?と言う疑問です!

滑り台は、上から下ですよね!ここでは、下から上です!

逆に使うのです。ボールが向かって来るので、手で滑り台の型を作り、そのままボールに対して持っていき、安全に自分に迎え入れるのです

これが、1番目の技師のポイントとなっております!

覚えていておいてください!

 

 

2 地面に転がったて来たボールをキャッチする場合!

 

さて、今度はよく試合で目にしたり実際にやった事があると言う人が多い技術になります。

今度は、浮いてるのではなく、地面に転がっているボールの取り方です!

この、技術は試合で良く使う場面が多く、

簡単な用で、ミスをプロでも時々してしまう大事な技術です!

しっかり、ポイントを押さえていってください!

まずは、1番目に紹介してた滑り台を覚えているでしょうか?

忘れている人は、もう一度振り返ることをお勧めします。

最初のイメージは、滑り台です!

1番目と違う所は、腰を落とす事です!

ここでは、地面に転がってくるボールを取るのでしっかりと腰を落とさないと、滑り台を作る意味がなくなってしまいます!

地面にスレスレまでに、型を作ったまま持っていきボールを迎えてあげてください

次は、腰の落とし方です!

屈伸の様に両膝を曲げるのだと!思っている人はそのイメージを捨ててください!

ここでは、屈伸ではなく片膝を落とすイメージです!

前後で、落とす位置は違います。

足を一歩前に出して、後ろの足は地面スレスレまで持っていきます。

 

ここで、注意ポイントとして、後ろの膝は地面につけてはいけません!

地面につける事で、イレギュラーした時の対応が遅れるからです!いつでも、動けるように

準備するため、膝を付けずにいましょう!

この、肘の役割はまた抜け防止の壁です!

つまり、試合でも見ると思いますが、自分の股を抜けて失点するのを防ぐ役割があるのです!

なので、しっかりと壁を作りましょう!

試合の展開によって、変えることができます!

試合でよく、ボールをキャッチし後に倒れたままのゴールキーパーがいると思います!

あれは、流れを落ち着かせる為にやっているのです!

ディフェンスを休憩させることや、厳しい状況を落ち着かせるために、一度倒れて時間を作っているのです!

なので、落ち着かせたい時はこの方法を取りましょう!

やりすぎると、レフェリーに注意されるのでやりすぎには注意です!

ここまで、読んで頂きありがとうございます。
今回は少し、長めの文だったと思います。
少しは、技術の進歩に役立ったでしょうか?まだまだ、色んな技術はありますがおいおい紹介していこうと思います。
これからもお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました